グリーンカードの取得

米国での会社設立で可能になるグリーンカードの取得


一般的に、個人では米国で永住権を取得する事が困難になりますが、幾つかの条件を満たす事ができればこの永住権を取得することができます。その中の一つに会社設立という方法があり、米国で法人を設立して起業することで、グリーンカードの取得が可能になるのです。この会社設立行い永住権を取得する事で、通常では困難な米国でのビジネスを開始することができます。

この永住権の取得には、入念なビジネスにおいての計画が必要になり、会社設立を行う上では、多くの条件を持たした起業である必要があります。しかし、これら会社設立に必要なの条件を満たす事で、米国への滞在において限度がなくなり、現地でビジネスを開始する事が出来るようになるのです。

また、現地でビジネスに協力してくれるスタッフを雇用する事も可能になり、海外での事業を効率良くはじめることができるようになるのです。

このような永住権の取得は、専門的なスキルを保有する個人にしか与えられる事はあありませんでしたが、近年ではより幅広い希望者に永住権の取得資格が与えられるようになり、特定の分野の技術者や投資家などに加え、ビジネスを取り仕切る取締役にもこの権限が与えられるようになりました。

これらの条件を満たす方は、グリーンカードの取得が容易になり、米国でのビジネス展開が可能になっているのです。これは米国での人材雇用の機会が増えることに加え、専門的なスキルを保有する方の入国を奨励する目的など、多種多様菜目的があるものです。

この企業の取締役 に該当するものとして、米国での会社設立がありますが、これは国内出会社を持ち、米国でも営業を行う事が条件となるものです。そのため、既に国内で事業を行い、収益があることを証明する必要があります。

この条件を満たし米国に移住して永住権を申請するのが基本となるのです。通常は、この永住権の取得は、それぞれの地域により取得までの期間に差がでることになります。しかし、一般的には、数年程度で許可が下り、労働許可証が取得できれば、その後は短期間出永住権が取得出来るようになります。

そのため、就労ビザ申請する際には、労働許可証も同時に申請する必要があり、既に一定期間米国に滞在している状態で、特定のビザを保持している場合には、比較的簡単に永住権が取得出来るケースもあります。そのため、会社設立でグリーンカードを取得することもできるために、米国でビジネス展開する事も可能になるのです。

  • 会社設立のお祝いに贈る花のポイント 知人や友人が会社設立を行ったというような場合には、それを心からお祝いしてあげるのがマナーです。 相手がそれまで頑張ってきたことを知っているのであればなおさらのことですし、また同じ業界で …

    贈る花のポイント

  • 会社設立の届出を忘れるとどうなるのか 会社設立の届出を忘れてしまうと、税務署から連絡が来ます。 税務署は会社設立の情報を法務局から受け取っており、分かっていますので、会社設立の届出がないと通知される仕組みになっています。 …

    会社設立の届出

  • 会社設立の時には手数料を支払って業者に依頼 会社設立をしようと思った時に、専門業者に依頼するべきなのか自分ですべて手続きを行うべきなのか悩む人も多いのではないでしょうか。一般的には、専門業者に依頼すれば手数料などの報酬を …

    業者に依頼