贈る花のポイント

会社設立のお祝いに贈る花のポイント


知人や友人が会社設立を行ったというような場合には、それを心からお祝いしてあげるのがマナーです。

相手がそれまで頑張ってきたことを知っているのであればなおさらのことですし、また同じ業界で競争する相手になるというような場合であっても、会社設立の際には友人や仲間としてお祝いをするのが基本です。

しかしこうした「贈り物」には常にマナーが存在しているということには注意が必要です。

では会社設立をお祝いとして花を贈る際、注意したいポイントはどこになるのでしょうか。

まず最も注意したいポイントとなるのが「価格」というところです。

会社設立のお祝いとして花を贈るというのは殆どの場合喜んでもらえる「定番」の贈り物となりますが、豪華であればよいというものでもありません。

贈り物を贈るのは自分だけではなく、会社設立をした人の知り合いや取引先などからも贈り物が贈られるとして考えておくべきですから、立場によっては周りの人を引き立てるために価格を抑えた方が良いこともあるのです。

それではどれくらいの価格が目安になるのかと言うと、身内であれば1~3万円、仲の良い友人であれば5千円~1万円程度が目安となります。

業務上の取引先などの場合には、身内と同レベルの1~3万円程度を見ておくと良いでしょう。

次に考えたいのが「花の種類」です。

こうした贈り物の定番となるのが「胡蝶蘭」ですが、最近では胡蝶蘭はあまり好まれない傾向があります。

もちろん胡蝶蘭自体の美しさは常に定評があるのですが、あまりにも定番過ぎて、胡蝶蘭ばかりが集められるというような光景が多くみられるのです。

ですから「胡蝶蘭」にこだわるよりは、さまざまな花を集めたアレンジメントなどを考えていくと良いでしょう。

専門店などでは予算に合わせてアレンジメントを作ってくれるところもありますから、そうした専門店で依頼をすれば、予算にぴったりのアレンジメントを作ってくれます。

そして最後に考えたいのが「色調」です。

こうした会社設立のお祝いにおいて「マナー違反」とされる色は殆どないのですが、「赤字」を連想させる赤色を主体にすることは避けた方がよいでしょう。

アレンジメントの中に含まれる程度であれば問題はないのですが、バラのような赤一色の花だけを送るのは避けた方が無難です。
また相手先の企業のロゴや社屋などを見ることができたのであれば、その会社の色に合わせてアレンジメントを作るのも有効です。
特にロゴや社屋などに積極的に取り入れられている色があるという場合には、その企業にとってのテーマカラーであると考えることができます。
新しい会社のテーマカラーに合わせたアレンジメントならば、間違いなく喜んでもらえます。
友人や知人、取引先の人が会社設立をしたという場合には、その記念日を良い日に出来るよう、しっかりと心からお祝いしてあげましょう。

  • 会社設立のお祝いに贈る花のポイント 知人や友人が会社設立を行ったというような場合には、それを心からお祝いしてあげるのがマナーです。 相手がそれまで頑張ってきたことを知っているのであればなおさらのことですし、また同じ業界で …

    贈る花のポイント

  • 会社設立の届出を忘れるとどうなるのか 会社設立の届出を忘れてしまうと、税務署から連絡が来ます。 税務署は会社設立の情報を法務局から受け取っており、分かっていますので、会社設立の届出がないと通知される仕組みになっています。 …

    会社設立の届出

  • 会社設立の時には手数料を支払って業者に依頼 会社設立をしようと思った時に、専門業者に依頼するべきなのか自分ですべて手続きを行うべきなのか悩む人も多いのではないでしょうか。一般的には、専門業者に依頼すれば手数料などの報酬を …

    業者に依頼