業者に依頼

会社設立の時には手数料を支払って業者に依頼

会社設立をしようと思った時に、専門業者に依頼するべきなのか自分ですべて手続きを行うべきなのか悩む人も多いのではないでしょうか。一般的には、専門業者に依頼すれば手数料などの報酬を支払わなければなりませんから、その分だけ自分で行うよりも高くつく場合が多いです。しかし、会社設立に関しては事情は異なります。

多くの人にとって、自分で行うよりも専門業者に依頼したほうが安くなるケースが多いのです。手間を省くことができて費用を抑えられるのですから、メリットは多いと考える人は多くいます。

では、なぜ専門業者を利用するほうが安くなるのでしょうか。一言でいえば税金が安くなるからです。会社設立をするときには、どの場合にも定款を作成しなければなりません。

定款をワープロソフトで作成し、そしてそれをプリントアウトするというのは手軽な方法です。自分で定款を作成しようと思った場合、この方法をとるのが一般的です。しかし、プリントアウトした定款には4万円分の印紙を貼らなければなりません。これが高くつくのです。

政府としては電子化を進めていて、定款についても電子化の方向で制度が設計されています。データとして定款を作成した場合、この印紙代が必要なくなります。つまり、電子的に作成すれば4万円分は安くなるのです。

ただ、これには問題があって、実際に電子的に作成するためにはパソコンが必要ですし、そしていろいろなソフトウェアや機器も必要となります。パソコンは会社設立ののちにも使うものですから買っておいてもよいでしょう。

しかし、それ以外のソフトウェアや機器については、たいていの業種では必要ありませんから、買うと無駄な費用となってしまいます。残念なことに、これらをすべてそろえると、4万円は軽く超えてしまいます。ですから、自分ですべてを行う場合には、紙に印刷したほうが安いケースがほとんどです。しかし、業者を利用すればこれらのソフトウェアや機器は必要ありません。

専門業者に依頼すれば手数料などの報酬を支払うことは必要ですが、電子的に定款を作成するだけなら1万円もかからないケースは多くあります。

会社設立にかかる4万円を安くするために1万円の手数料を支払うのなら妥当でしょう。このように考える人が多くいるために、専門業者を利用する人は増えているのです。少しでも安くしたいのなら、安く請け負ってくれる専門業者を探すのが良い方法だといえるでしょう。

  • 会社設立のお祝いに贈る花のポイント 知人や友人が会社設立を行ったというような場合には、それを心からお祝いしてあげるのがマナーです。 相手がそれまで頑張ってきたことを知っているのであればなおさらのことですし、また同じ業界で …

    贈る花のポイント

  • 会社設立の届出を忘れるとどうなるのか 会社設立の届出を忘れてしまうと、税務署から連絡が来ます。 税務署は会社設立の情報を法務局から受け取っており、分かっていますので、会社設立の届出がないと通知される仕組みになっています。 …

    会社設立の届出

  • 会社設立の時には手数料を支払って業者に依頼 会社設立をしようと思った時に、専門業者に依頼するべきなのか自分ですべて手続きを行うべきなのか悩む人も多いのではないでしょうか。一般的には、専門業者に依頼すれば手数料などの報酬を …

    業者に依頼